ラノベ連載再開! 残り6話!

新作ボイスドラマのリリースから1ヶ月、十分すぎるほどに充電できましたので、ライトノベル版『第3世代ミニ四ガールズ 1ちゃんす!』《全国版》第7話の掲載を開始しました。以下のリンクからご覧ください。

第7話(#19) ライキリ・プロジェクト

実に第6話の最終スペック掲載から1年8ヶ月という時間が経過しておりました。その間、ボイスドラマの制作に関してスタッフの入れ替わりや収録スタジオ・エンジニアの方との交渉事など色々あったのですが、最終的に大和稟さんを音響監督する布陣に落ち着きました。

羽多野玉子さんによる美麗なイラストレーションと共に、全24話を締めくくる最終セクションを魂込めて書き上げていきますので、ご支援の程よろしくお願い致します。

正直「ミニ四駆をフィーチャーしたライトノベル」というよりは、「ミニ四駆を入口にした、少女たちのレーシングロマン」という趣が回を追うごとに濃くなっております。またそこかしこに1990年代から2000年代にかけての、レースシーンにおける小ネタをちりばめたりしており、レース業界の方がご覧になられたらどう思われるか心配だったりします(汗)。

またプロローグから存在をにおわせていたハイパーカー「ライキリ」を巡る謎の一端が明らかになります。これについては「完全にフィクション」です。デザイナーの方や実在のハイパーカーおよび自動車メーカーとは一切関係ありませんのでご留意いただければ幸いです。

果たして決勝の舞台となる「24時間耐久レース」を勝ち抜いて、あゆみは頂点に立つことができるのか? そして瀬名アイリーンとの因縁は果たしてどんな結論にたどり着くのか?

ご期待くださいませ。